デザイン業界から建築業界への転職

デザイン業界に努めていた時に、フランスのデザイナーと
雑誌の企画で仕事をしたことから、建築界へ転職を決めました。
仕事を続けながら資格を取り、そのデザイナーのアドバイスの元、
新築物件のインテリアを担当する仕事に転職する事ができました。
フランスでは古い建物を取り壊さずに内装だけを変えて、
新しい入居者やテナントを迎える傾向があり、
日本でも同じように、以前の建築の骨組みを活かしつつ、
新しいイメージの内装をクライアントに提案する仕事です。
前職のデザイン業界の経験を活かし、テナントイメージに合った
デザインの内装を相談しながら決めるのですが、
低コストでまるで新しい建築物のような見栄えになるので、
毎回多くの方に喜んでいただいています。
思い切って転職を決めてよかったと、満足する日々です。

Meta Data

Title: デザイン業界から建築業界への転職
Date Posted: 2016年5月20日
Posted By:
Category: 研究記録

Leave a Reply

Your email address will not be published.

Copyright © 2017 フランス出身のファッションデザイナーを研究する
Neighborly WordPress Theme is licensed under the GNU GPL