ビデオ通話?ライブチャット?事務所でWEB会議。

Standard post by admin_cienukkumatti on 2016年8月19日
No comments yet


海外の取引先とビデオ通話?ライブチャット?事務所でWEB会議。
ライブチャットはないですよ~と言われたのは、検索してわかりました。
なるほど、こっちで使うんですね。
今度からは「Skypeする」って言います(笑)
というわけでスカイプを使って海外の方とライブでお話出来るのはやっぱり凄いですね。
初めての体験でしたが衝撃でした。
同時に何人もの人と話ができるもの凄いです。
最近ではクラウドワークスで在宅で仕事をなさる人が増えてます。
こうしたコミュニケーションがWEB上で取れたら、
事務所・職場に出てくる必要性がどんどん削られるのかもしれませんね。

デザイン業界から建築業界への転職

Standard post by admin_cienukkumatti on 2016年5月20日
No comments yet


デザイン業界に努めていた時に、フランスのデザイナーと
雑誌の企画で仕事をしたことから、建築界へ転職を決めました。
仕事を続けながら資格を取り、そのデザイナーのアドバイスの元、
新築物件のインテリアを担当する仕事に転職する事ができました。
フランスでは古い建物を取り壊さずに内装だけを変えて、
新しい入居者やテナントを迎える傾向があり、
日本でも同じように、以前の建築の骨組みを活かしつつ、
新しいイメージの内装をクライアントに提案する仕事です。
前職のデザイン業界の経験を活かし、テナントイメージに合った
デザインの内装を相談しながら決めるのですが、
低コストでまるで新しい建築物のような見栄えになるので、
毎回多くの方に喜んでいただいています。
思い切って転職を決めてよかったと、満足する日々です。

結婚相談所に登録した

Standard post by admin_cienukkumatti on 2016年4月15日
No comments yet


仲良かった友人がどんどん結婚してしまったので、少し焦る気持ちが出てきました。
しかし交際している人はいないので、埼玉の結婚相談所に登録して
出会いを求めることにしました。
結婚相談所のスタッフには趣味が合う人がいいことをアピールしていたら、
フランスのデザイナーさんはどうですかとすすめられて驚きました。
結婚相談所は日本人だけでなく外国人も紹介しているのかと疑問に感じたら、
フランスのデザイナーは登録している人ではなく、スタッフさんの知り合いだということでした。
私が趣味で洋服を作っていることを話し、写真で作った洋服を見せたところ、
フランスのデザイナーが興味を持ったようです。
まさか外国人と知り合えるとは思っていなかったので、これからの展開に期待しています。


学生時代にインターンをかねてデザイナー事務所で働いていました。
デザイナーだけあって、事務所のインテリアはおしゃれなものばかりでした。
中でも目立っていたのが、オシャレな電灯で、
部屋の雰囲気を洗練されたものにする効果がありました。
ある時、そのオシャレな電灯の1つが、あかりが切れていたので故障したのかと思ったら、
それは組電池で動いていることを教えてもらいました。
組電池で動いているのであれば、コンセントを指す必要がないので、
好きな場所に移動させて使えることができます。
電灯は配置する場所によっても部屋の雰囲気が変わってきますから、
さすがお洒落に敏感なデザイナーらしい事務所だなと感じました。
そのお洒落さを働いている間に少しでも身に着けようと頑張りました。

ダイビングを神奈川で習うともれなくついてくるもの

Standard post by admin_cienukkumatti on 2015年10月20日
No comments yet


来年の夏に向けてダイビングをはじめてみようかと思っています。
なぜかダイビングに関する情報が集まってきている最中
「これはやれということか?」と思い立ってしまいました(笑)。
数年前から知り合いのフランス人デザイナーと夏のバカンスの話で盛り上がっていたので、
彼も誘ってダイビングを神奈川で習ってみることに。
スクールのあとはもれなく横浜で飲み会(笑)。
来年までバカンスの話で盛り上がろうと思います。


リアルクローズと言った、普段のライフスタイルに無理なく使えるファッションが脚光を浴びて早数年。
都市に住む人のライフスタイルは千差万別で、それだけ適したファッションが必要となります。
今注目されているが、ペットを合わせたファッションスタイル。
服にバッグを合わせるのは当たり前ですが、ペットを連れる際はペットのファッションも
自分のファッションの一部としてコーディネートするんですね。
よくチワワにお揃いの柄を着せている方やティーカッププードルを入れたバッグの色を
服と合わせている方を見かけます。
いつかどのブランドでもペットの服のラインナップが出る世になるかもしれません。

観葉植物レンタルに驚き

Standard post by admin_cienukkumatti on 2014年11月5日
No comments yet


フランス人のアパレル関係の友人がこのたび東京都心に引っ越してきたそうです。
しかも青山という…。
話を聞くと、セレブな生活みたいなので落ち着いたら遊びに行く予定。
家具のことなどで相談を受けたので、いろいろ人やお店を紹介したのですが、
その中でも観葉植物のレンタルにとても驚いていました。
はじめて聞いたそうで、とても興味を持ってました。
で、数日後に様子を聞いたら、
早速観葉植物レンタルははじめたそうで、最高に癒されているそうです。
よかったですね~^^

井之頭病院の看護師に教わったこと

Standard post by admin_cienukkumatti on 2014年10月17日
No comments yet


とある事情で井之頭病院へ行ってきました。
その際に井之頭病院の看護師さんのレクチャーを受けたのですが、
とてもわかりやすくて感心しました。
自分の仕事にも生かせそうなので、いろいろ話をうかがったんですが、
フランスのファッションにも造詣が深いことがわかり、ますます関心です。
これからしばらく井之頭病院に通うことになるのですが、
この看護師さんとの話が楽しみになりました。
確認が取れたらサイトでもご紹介しますね。

便利屋さんのお仕事とは

Standard post by admin_cienukkumatti on 2014年10月1日
No comments yet


超多忙なアパレル関係の知人が、両親の引っ越しの手伝いを
便利屋さんに頼んだという話を聞いたんです。
便利屋さんってテレビや小説の中の話のようですが、調べてみると結構あるんですね。
だいたいがお話相手や、掃除、代わりに怒られに行く、謝りに行く…など、
なるほどね、と思うこともあるのですが、中で友達、恋人レンタルなどという驚きの仕事も…。
自分だったら何を頼みたいかな~と思って考えてみましたが、
結局自分が出来ないときに冒頭のようなことを頼むんだろうな…と。

看板製作がデザイナーを変える例

Standard post by admin_cienukkumatti on 2014年9月10日
No comments yet


フランス出身のファッションデザイナー「クリスチャン・ルブタン」の高いハイヒールは
皆さんご存知かと思いますが、最初に靴をデザインしたときのきっかけは
看板だったというのはご存知でしたか?
パリの街角を歩いているとき、国立アフリカ・オセアニア美術館の前で
女性に向けて「木製の床を傷つけないように」と注意する看板を見たときに閃いたらしいです。
看板製作をした職人さんはどのように思ったのでしょうね。
私なら自慢します(笑)。

蛇口の水漏れ修理工の人の服はハイファッション?

Standard post by admin_cienukkumatti on 2014年7月17日
No comments yet


リアル・クローズと言う言葉を近頃見かけますね。
もともとは、1970年からあった言葉で高級既製服というジャンル内における
大西洋を挟んだ対比での概念だったそうですが、
今は「現実的」と言った方が響き的にもしっくりきまます。
普通のファンションショーだといったいどこで着るのだ?
とかこれ蛇口の水漏れ修理工の人の服だろう?
とかヘンテコな気持ちにさせられる服も確かにあるにはあります。
でも私が思うにリアル・クローズがいつかリアル・クローズじゃなくなる日も来ると思うのです。
また違う概念になる日はあと何年?

フレッツ光のキャッシュバックで決めました

Standard post by admin_cienukkumatti on 2014年7月3日
No comments yet


最近フランスに住む友人とSNSでやり取りしているんですが、
どうも回線の状況が悪く、パソコンを変えてもおかしいため、
フレッツ光に乗り換えようかと考えていました。
友人や業者に聞きまくり、
決めた会社はフレッツ光のキャッシュバックと賞品で決めました。
おそらく一番お得だと思います。
興味がある方は私にこっそり聞いてくださいね(笑)。
来週工事が入るのですが、これでフランス情報ももっと密に取り入れられそうだ。
サクサク動くPCが待ち遠しい☆

芸術家は、不動産名義変更で離婚時など大変?

Standard post by admin_cienukkumatti on 2014年7月2日
No comments yet


芸術家は一般的な印象で、浮いた話が多いと思います。
離婚回数が片手分など序の口で、二桁突入なんて強者もゴロゴロと。
これは今に限らず我が国の有名な浮世絵士で、40回結婚した人がいました。
今も昔も芸術家は感性が豊かでなくては勤まらないものなのかもしれません。
ファッションデザイナーも例に漏れず。
付き合った人で作る服のテイストが変わって行く人もいるとか。
恋愛は自由ですが、もし多く離婚する人が毎回名字を変えて持ち家があったりしたら、
離婚時の不動産名義変更など大変なのでしょうか。
ふと疑問に思う雨降る黄昏の午後。

派遣業許可と派遣社員と優秀なデザインは関係ない。

Standard post by admin_cienukkumatti on 2014年6月30日
No comments yet


ブランド構築にあたって、ロゴや商品特性を打ち出すのは必須。
有名な話でナイキのスウッシュマークは、
有名デザイナーでなく、大学生がデザインしたもの。
因に報酬は35ドル。
その後、彼はナイキの多くのツールのデザインをしたそうですが、
この事からも有名デザイナーでなくても良質なブランド構築が可能である、という事が言えます。
例えば派遣社員でも素晴らしいデザインが出来るかもしれません。
そうなると派遣業に許可が必要とかそんな問題は一蹴なはず。
しっかり見合った報酬を与えるべき。
優秀な人材は、底辺でじっとするほど安くないのです。

水漏れ修理の制服は?

Standard post by admin_cienukkumatti on 2014年6月16日
No comments yet


フランス出身のファッションデザイナーといえば「クリスチャン・ルブタン」。
セレブも愛用するあこがれのブランドといえるのではないでしょうか。
有名どころではSEX AND THE CITYでキャリーが履いている事で話題になったり、
クリスティーナアギレラや、キムガーダシアン、パリスヒルトンも愛用中とのことです。
フランスと言えばおしゃれなイメージが強いですが、
水漏れ修理業者さんの制服なんかもおしゃれだったりするのでしょうかね?

ナース白衣の通販雑誌が人気?

Standard post by admin_cienukkumatti on 2014年6月10日
No comments yet


最近知り合ったフランスのファッションデザイナーは、
英語とフランス語は話せますが日本語は片言で、
おそらく聞きとりもあやしいです。
だいたいは英語で話すのですが、本人が日本語の練習をしたいというので、
なるべく日本語で意思の疎通をはかるようにしていますが、これがなかなか…。
先日もナース白衣の通販雑誌をみて「これはフランスの女性に人気!」
と日本語でいいましたが、ん?本当に?って問い詰めると
「言いやすい日本語だからいってみた」ですって。
これは会話じゃないよ(笑)。

川崎の中古マンションマダムK

Standard post by admin_cienukkumatti on 2014年6月5日
No comments yet


川崎に中古マンションを構える友人のKさんは、私の憧れです。
身につけるブランドは、ハイブランドのセンスが良いものばかりで、
家も素敵に飾られており、生活も順風満帆に進んでいるようで、
まさに絵に描いたパーフェクト婦人。
豪華だけが幸せでないと分かっていながらも羨ましく思ってしまいます。
しかも、性格も上品で気取らないのですから、
お茶を誘われても断る理由が見当たりません。
外でお茶をしてもKさんとだとまるで、パリでお茶をしている気にもなってきます。
私も頑張ってKさんを目指したいです。

クリストフ・ルメールとスズキ今野の接点

Standard post by admin_cienukkumatti on 2014年5月28日
No comments yet


意外と知らない有名ファッションデザイナーのことを少しずつご紹介していきましょう。
まずはクリストフ・ルメール、彼はフランス、ブザンソンに1965年に生まれました。
さて、彼は何のデザイナー? そうエルメス (Hermès) です。
フランス出身のデザイナーなら彼が一番有名ですかね。
ところで、スズキの今野はご存じですか?
バイク好きな方なら知っていると思います。
今野と言えばバイク、エルメスもバイクの名前にあるんですよ。
キノの旅で主人公の相棒として登場する二輪車が「エルメス」なんです!

便利屋さんのお仕事とは

Standard post by admin_cienukkumatti on 2014年5月26日
No comments yet


超多忙なアパレル関係の知人が、両親の引っ越しの手伝いを
便利屋さんに頼んだという話を聞いたんです。
便利屋さんってテレビや小説の中の話のようですが、
調べてみると結構あるんですね。
だいたいがお話相手や、掃除、代わりに怒られに行く、謝りに行く…など、
なるほどね、と思うこともあるのですが、中でも友達、恋人レンタルなどという驚きの仕事も…。
自分だったら何を頼みたいかな~と思って考えてみましたが、
結局自分が出来ないときに冒頭のようなことを頼むんだろうな…と。